Latest News

「プロウペス®腟用剤10mg(PROPESS®)」が日本で20年以上ぶりの子宮頸管熟化剤として承認





スイス・サンプレ–(BUSINESS WIRE)–フェリング・ファーマシューティカルズは本日、妊娠37週以降の子宮頸管熟化不全における熟化の促進を適応としてプロウペス®腟用剤10 mg(一般名:ジノプロストン)を日本の厚生労働省が承認したと発表しました1。子宮頸管熟化のための治療薬が日本で承認されたのは、20年以上ぶりとなります2。 世界では出産の約10パーセントにおいて分娩誘発が必要となっていますが、分娩誘発は母子のいずれかにリスクがある場合に必要となる可能性があります3,4。子宮頸管熟化は分娩の誘発に先立ち、出産に向けて子宮頸部の準備を整えるために実施します。今回の承認により、分娩誘発を必要とする日本の女性にとって、既存の器械的熟化に取って代わる選択肢が増えることになります。 フェリング・ファーマシューティカルズのパー・フォーク社長兼最高科学責任者は、次のように述べています。「日本でのプロウペスの承認は、出産に関して女性に提案できる選択肢を増やす上で大きな前進です。妊婦や産婦に対する治療選択肢に関する研究開発は不十分であるため、フェリングは一貫して不妊症と産婦人科の分野に投資

Source link




Related posts

'Grandmother, aren't you going to sing for us?' Current childcare practices and caregivers' perceptions of and receptivity to early childhood development activities in rural Burkina Faso

Newsemia

How nurses bring clarity to the nature of social change

Newsemia

Relationship between binge drinking and depressive symptoms declined 16% among adolescents

Newsemia

This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. Accept Read More

Privacy & Cookies Policy