Latest News

CytoReason:機械学習から引き出された新知見は難治性メラノーマ患者のための免疫療法改善に向けた方向性を示し得る腫瘍微小環境の新たな細胞因子を見いだす


イスラエル・テルアビブ–(BUSINESS WIRE)–#AI–(ビジネスワイヤ) — CytoReasonが本日発表した新知見により、治療を最も必要としている患者、すなわちイピリムマブ(抗CTLA4)免疫療法がすでに奏功しなくなっている患者の治療プロセスについて、影響を与える可能性がある腫瘍微小環境の新たな細胞因子が明らかになりました。これらの知見は検証が済めば、難治性メラノーマでの重要な免疫療法の実施・順序付けのための戦略改善への方向を示す可能性があります。30周年米国がん学会特別AIカンファレンスで発表されるこれらのデータにより、将来の新薬のためのこれまで未確認の標的候補も明らかになります。 このプレスリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文は下記でご覧ください。 https://www.businesswire.com/news/home/20181016005577/en/ 機械学習に基づくCytoReason専有のアプローチを利用し、メラノーマ生検のデータを解析した結果、イピリムマブ抵抗性の患者コホートでニボルマブ奏功患者と非奏功患者との違いをもたらす細胞と

Source link




WordPress database error: [Error writing file '/tmp/MYOp8Sn4' (Errcode: 28 - No space left on device)]
SELECT SQL_CALC_FOUND_ROWS wp_posts.ID FROM wp_posts LEFT JOIN wp_term_relationships ON (wp_posts.ID = wp_term_relationships.object_id) WHERE 1=1 AND wp_posts.ID NOT IN (82759) AND ( wp_term_relationships.term_taxonomy_id IN (2) ) AND wp_posts.post_type = 'post' AND (wp_posts.post_status = 'publish') GROUP BY wp_posts.ID ORDER BY RAND() LIMIT 0, 3

This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. Accept Read More

Privacy & Cookies Policy